blog from nil

2011/03/31

2011/03/31

こんな時だから、とばかりな一昨日でした。

某SAKURAさんとの久々の、いや初の共演の夜な夜な。
2人で「ぜにならあんぞー、にじゅうにまんえんだ」と、
豪遊しかけた事はどうか内密に。えへへ。
最近、酒呑んだ私は誰からも信用されない。
最早、自分で信用出来ないレベルだ。
なので、翌日、ようは昨日、酒も抜けた頃、
SHOWBOATの金庫に預けていた、
皆様からの義援金を取りに行く。
ダイノブ店長から「あたくしがせきにんをもってですね、ええ」
と受け取りまして、ずっしり重いぜ。
皆さんの思いの重さを握りしめ、あまりの重さに
ちょっと休憩でも?と、呑み屋の暖簾を「たいしょ!やってる?」
とばかりにくぐりかけた事はどうか内密に。
いやあ、あぶねえあぶねえ。
最早、自分を信用出来ないレベルだって言ってんだ。
先程、しっかりスタッフに託し、日本赤、十字社へ。

みんな、ありがとうね。
ってのはちと違うか。
みんな、頑張ろうぜ。

さてと。
歌うぜ。


                 高野 哲。

2011/03/28

2011/03/28

岡山の友人から電話。
心配してくれてて嬉しい。
でも、
「こっちから見てると、
 照明消して心の火も消そうとしてる様に感じる。
 東京は一番輝いてなくてはいかんのに」
って。
「大丈夫だよ」
って応えた。
大丈夫だぜ。
帯広生まれ東京育ち。
心の火はそう簡単には消えないぜ。
消えかかってる人々は、こうじゃなくても消えてるよ。
つか、そんな人いるのかね?
少なくとも俺の周りにはいないぜ。
俺達の火はむしろ炎となり、この夜空も照らすのさ。
だいじょぶだぁ。by KEN SHIMURA。

そのユウジンが切り際に一言、
「清志郎さんが生きてたら、どんな歌を歌ってらしたんでしょうね」
そうだねえ。
本当だねえ。
どんなだったんだろねえ。
って、心にまた火が着く。
これもまた、音楽の灯す光だ。

さ!
諸君!
歌いましょう!
それぞれの歌を!
ロックンロール!




            高野 哲 from nil & THE JUNEJULYAUGUST。

2011/03/28

カザマニュース

こんばんは!

またまたハンサム兄弟に参戦してきます!

2011/4/13
「イアイウーウー・オーオー!!」@下北沢CLUB Que

open18:30  start19:00

[料金]前売り¥2,300 当日¥2,500(税込み・ドリンク代別¥500)

[出演]ハンサム兄弟・フジヤマロケッツ・THE TON-UP MOTORS・HAPPY BIRTHDAY

[チケット取り扱い]
・Que店頭(販売時間16:00〜22:00)
・ローソンチケット
・チケットピア
・イープラス

[問い合わせ]
CLUB Que 03-3412-9979

下北沢CLUBQue
東京都世田谷区北沢2-5-2ビックベンビルB2F
TEL 03-3412-9979

2011/03/27

2011/03/27

昨夜はご来場ありがとうございました。
ライブをやって、本当に良かった
ライブをやれて、本当に良かった
心からそう思った夜でした。

direction of the chord、
そしてMARCHさん、
ありがとう。

さて!
明後日29日、高円寺SHOW BOATで歌います!
歌うぜえ!






             高野 哲 from THE JUNEJULYAUGUST。

2011/03/25

2011/03/25

考えに考えました。
色んな方法を。
全ての状態状況を考慮してのTHE JUNEJULYAUGUSTの答えを。
行き着いた先は、
やらないかやるか。
0か100か。
結論。

100でいきます。
やるからには最高のステージを提供します。
俺達は俺達の仕事をする。
単純に、そう言う事です。

明日はワンマンですが、
オープニングゲストに「direction of the chord」が演奏してくれます。
彼らもTHE JUNEJULYAUGUST同様に「変則からの普遍」を体現してくれます。
楽しんでください。

そして、もう1人。
話せば長くなるので、彼との、いや彼女との出会いは割愛しますが、
いや、割愛しません。じゃあ、嘘つきます。
あれは、忘れもしない。いつだっけ?忘れたぜ。
天を貫く勢いのスカイツリーを見上げていたら、
TOKYOタワーで郷愁を感じたくなり、
勢いで蝋人形館にてマリリンとマイケルと写真を。
あら?あたしとも撮りなさいよ!と、ほぼ宇宙人現る。
聞けば彼の、いや彼女の職業は「ドラッグクイーン」。
???が脳内を。でも、なぜか意気投合。
話し合ったのは人間の弱さ、そして、強さ。
面白い。で、
3/26?仕方ないわね!行けばいいんでしょ!
と、ステージに立ってもらいます。
どうなることやら。
彼、いや彼女、なにすんだろ?
こちらもお楽しみに。

沢山の想いを持ってきてください。
そしてHIGHに置いて帰ってください。

お楽しみに。
Always Respect!








               高野 哲 from THE JUNEJULYAUGUST。

2011/03/22

2011/03/22

未だ渦中。
その渦は僕や僕の周りは小さいが、
一番大きな渦に心を投じている。
心配は尽きない。そして現実。
いつか闘いは終わる。
その日を待たない。
闘うのだ。
被災地は日本全土なんだ。

仙台の友人と電話で話した。
理解がより現実味を帯び、絶句。
ただただ話を聞いた。
最後に彼が言った一言。
「とにかく。
 被害が少なかった奴らは、
 こっちに遠慮しないで欲しい。
 冷静に、でもいつも通りに頑張ってくれ。
 それが俺達の未来に繋がるんだよ」

さあ、覚悟は出来た。
俺達は闘うのだ。






           高野 哲 from nil & THE JUNEJULYAUGUST。

2011/03/18

2011/3/18

どこかで、
「ユニクロの会長に刺激され、五歳になる娘が、
 自己資金全額105円を被災地に寄付するらしい」
って話を聞いた。

誰かの行動や発言が、誰かの行動や発言とぶつかってる。
五歳の彼女の真直ぐな気持ちは、その誰もの核にきっとある。
真直ぐ同士なら、そりゃあぶつかるわな。
ひらりとしなやかに知恵を出し合いましょう。

情報。今、大事なのは最新で正確な情報。精査された情報。
こんな時こそ、日頃紡いできたこのネットワークを活かしましょう。
もう活かしてるって?知ってますよ。
でも、キーボードを叩くその指先に、しっかりと魂を宿らせて。
一度、声に出して発言してからでも、情報はまだ新しい。

渦中にて。
今日も歌う場所を探している。





             高野 哲 from nil & THE JUNEJULYAUGUST。

2011/03/11

2011/03/11

随分、書き損じてたこのブログをまとめて書こうと。
久しぶりの落ち着いた穏やかな一日を
そんな一日にしようとしてたんですが。

大変な一日になりました。
まだまだ予断を許さない状況だし、
被害に遭われた方も沢山居ると思います。
今、僕にnilにTHE JUNEJULYAUGUSTに出来る事は
情けない事に何も無いですが、
これまでの曲がギターがベースがピアノがドラムが歌が、
誰かの何かの救いになれば。
そんなことしか思いつきません。
今も全力で歌ってます。
どうか勇気を。





      
        高野 哲 from nil & THE JUNEJULYAUGUST。

Page Top